ホームページ制作,維持・保守
サーバーシステム構築・管理
ネットワーク構築・管理
IT環境サポート
インフラ構築サポート
ITアウトソーシング
HTMLプログラミング
ホーム > WEBプログラミング > HTML,CSS
HTML,CSS

<p>タグと<br>タグ

森之宮 0 393 0

HTMLは空白(スペース)とエンターを何回入力しても、一つの空白だけで認識します。


それで


ここでのホームページ制作講座はとても簡単です。


このようにエンターと空白を何回入力しても、下記のように一行に出力されます。


ここでのホームページ制作講座はとても簡単です。 


行を変える機能をする最も一般的なタグは<p>と<br>タグです。


1つの段落を意味する<p>タグ


pはparagraphの略で段落を意味します。


<p>タグと</p>タグの間に位置する内容が一つの段落を構成します。


<p>最初の段落(paragraph)</p>

<p>2番目の段落(paragraph)</p>


上記のようにコーディングすると、下記のように最初の段落と2番目の段落の間に空白ラインが入ります。


最初の段落(paragraph)


2番目の段落(paragraph)



日本語の場合には段落、最初の文字をインデントしますが、英語の場合には段落と段落の間には一行の空白があります。


強制改行をするときは<br>タグ


brはLine Breakを意味し、国語にすると強制行変更とすることができます。



ワールド-iDC<br>

ホームページ制作講座は<br>

とても簡単です。


このように改行をする位置に<br>タグを入れてあげたら、下記のように改行が起こるのです。


ワールド-iDC 

ホームページ制作講座は 

とても簡単です。


<br>タグの乱用を避ける


書き込みが左右に広すぎて出力されれば、可読性が落ちるのに手紙を書きながら<br>タグを習慣的に使用する場合が多いです。


しかし、可能な限り段落を意味する<p>タグを使用して広く出力されることを防止するためにCSSをともに使用する方式がいいです。


<p style="width:400px;">ワールド-iDCのホームページ制作講座は初心者を対象とします。 ですので、出来るだけやさしい用語を一貫して使用しようと努力しています。</p>

<p style="width:400px;">ワールド-iDCのHTML講座は、単に画面に出力される文書の外見だけを説明せず、より意味あるHTML文書を作成する方法を追求しています。</p>


このようにstyle属性を使用すれば、段落の左右の幅を指定できるため、あえて<br>タグを使用しなくても

スムーズに改行がされるようにすることができます。


ワールド-iDCのホームページ制作講座は初心者を対象とします。

ですので、出来るだけやさしい用語を一貫して使用しようと努力しています。


ワールド-iDCのHTML講座は、単に画面に出力される文書の外見だけを説明せず、より意味あるHTML文書を作成する方法を追求しています。



style属性はCSS講座の部分として取り扱っている内容であるため、HTML講座では説明を省略します。



0 コメント